リフォームに掛かる費用を抑える方法について

>

優先順位を付ける事です

この記事をシェアする

ローン型減税について

規定年数以上、住宅ローンを支払っているともしリフォームを行う際には条件を満たしていればリフォーム費用が減税される事があります。
建物の構造や設備等定められた建物の条件を満たしていれば確定申告によって受託ローンの残高の内、リフォーム費用の所得控除が受けられます。
5年間で最大63万ほどが控除の対象となるそうです。

一年間だと約13万円ほどが控除の対象となるそうで利用前には必ず税務署のホームページを見るなどして最新の情報を確認しましょう。
また、100万円を超えるリフォームをした場合にも減免の対象となります。
こちらの制度を受ける場合には確定申告が必要になるので確定申告の時期にきちんと申請する事が大切です。

投資型減税について

住宅ローンの借り入れがなくても減税の対象となるのが投資型減税です。
住宅のバリアフリー、省エネ、長期優良住宅のリフォームをした場合でも工事内容や条件を満たしていれば確定申告の時に1年間は工事費用の10%が控除対象となるそうです。
リフォーム内容によって控除金額が上がる場合もあるそうです。
リフォームをする場合には必ずリフォーム制度を利用する事をおススメいたします。

どれがお得になるのかきちんと調べて自分に合うリフォーム制度を活用するようにしましょう。
分からない場合には税務署に確認をしてみるのが良いと思います。
3月になってから確定申告をするのを慌てたりすると間違いがあっても補助金が支払われない事もあるので注意しましょう。